2006年02月06日

Dead Like Me #1.11 『The Bicycle Thief』

満員バスでの通勤が嫌になったジョージは、自転車を買おうと思いつくが、今のバイト代ではそれは難しい。もっと時給の良いバイト先を見つけたジョージは、あっさり今日で辞めると上司に伝えた。嫌味の一つも言われるかと覚悟していたが、逆に上司は盛大なお別れパーティーを開いてくれた。この会社にとって自分なんて居ても居なくても一緒だぐらいにしか思っていなかったジョージだったが、最後になって初めて皆から愛されていた事を知るのだった。

売れない画家を成仏させたデイジーは、残された絵を売って儲けようと考える。だが、それに気づいた画家はそんな事は許せないと言い、あの世へは旅立たず、デイジーに付きまとい始める。

カップルを成仏させるため、二人の住む家に向かうメイソン。二人の死には数時間の差があるため、一遍に済ますことは出来ない。面倒臭いなぁ〜と思っていたメイソン。まず一人目は台所で滑って頭を強打して亡くなった。パートナーの死を嘆き悲しむ姿を見て、メイソンはこの残された方の男は自殺するのだと気づく。先に亡くなった男から、自殺を止めさせるよう頼まれるメイソンだが...p>

* * * * *

DEAD LIKE ME シーズン1 第11話。
今まで何となく適当に生きていた (←死んでるけど) ジョージ、デイジー、メイソンの3人が、それぞれ人間として (←死んでるけど) 少し成長するほのぼのエピソードでした。
posted by キント at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン1
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。